通常のお風呂のリフォームは、シャワーや浴槽を取り外し、壁や床を一旦解体して新しく作り直す大掛かりな工事が必要なイメージですが、ユニットバスは、既に完成された部屋をはめ込むようなイメージです。施工期間も通常のリフォームと比較して短く、作業工程を減らすような工夫や、ノウハウの蓄積によって、早ければ半日程度で工事が済むケースもあり、家のお風呂が使えなくなるダウンタイムを極力短縮する事ができます。ユニットバスは、冒頭に挙げたように、既に完成された部屋を運んできて、はめ込むようなものですから、パンフレットやショールーム等で見た部屋がそのまま設置され、完成形がイメージしやすいのも特長のひとつです。通常のリフォームのように、何でも自由自在にデザインすることが難しかったユニットバスですが、昨今では少し事情が変わって来ています。

かつては、あらかじめ用意されているモデルから選ぶしかありませんでしたが、最近では、ある程度の制限はあるものの、カスタマイズが可能なユニットがあり、鏡、シャワー、浴槽の設置場所がいくつか用意され、まるでおもちゃのブロックでも組み立てるかのように、デザインに柔軟性を持たせている製品も登場しています。壁や床のデザインも選択できるものもありますが、これは受注生産という形を取り、専用工場であらかじめ組み立てた上で届けられ、施工時の工程を減らし、期間の短縮に寄与します。コストダウン、施工期間の縮小とトレードオフで自由なカスタマイズを犠牲にしてきたユニットバスでしたが、カスタマイズ可能なモデルが増える傾向にあり、ここにもイノベーションの波が訪れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です