ユニットバスへリフォームするメリットは、防水性の高さです。ユニットバスへのリフォームでは、床と壁のつなぎ目が一体化されるため、水漏れの心配が低くなります。マンションなど水漏れを起こしたくない場所では、階下への影響を考えてユニットバスになっているところがあります。また、リフォームの工期の短さもメリットのひとつです。

工期は約3日程度で完了することが多く、最短では1日で終わることもあります。工期が短いため、通常の生活への影響を最小限にすることが可能です。在来工法のタイルに比べるとカビが目立ちにくく、目地もないため、マイン地位行う風呂掃除も楽になります。ユニットバスは、各メーカーが様々なデザインの商品を用意しているため、都会的なデザインのタイプからバリアフリーをコンセプトにした機能的なタイプまで多種多様です。

ライフスタイルにあわせて選ぶことができます。既定のサイズの商品しかないことがデメリットとして挙げられてきましたが、浴室の広さ自体を広げる工事が可能であれば、デメリットではなくなります。最近では、拡張工事を行いスペース確保することが多くなっており、デザインも豊富になっているため、以前よりもデメリットを感じにくくなっています。ユニットバスは、追加オプションの機能から選ぶこともできます。

浴室暖房乾燥機や浴室テレビなどもつけることができます。ただし、電気工事などが必要になることもあるため事前に確認しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です