最初にリフォームをしたいと考える人の多くがユニットバスを選択しています。風呂場は一番リラックスできる空間であり、テレビコマーシャルも頻繁に流れている為興味を持っているからともいえます。販売しているメーカーやリフォーム会社なども比較しなければいけない要素です。しかし浴室の構造についても同じくらい比較していかなければなりません。

そこで、ユニットバスをリフォームする上で注意しなければならない点を検討してみましょう。1、3枚引き戸の扉を選択した方がよい2、浴室内手すりは設置した方がよい3、浴室床は滑りにくい素材を選ぶなぜ注意をした方が良いのか考えていきます。1、2つ折り扉は出入口を狭く設置できるので浴室を広く使うことができます。しかし、将来介護が必要になった場合に車いすで入れない為不自由な生活を送ることになります。

2、浴室内で転倒して頭を打つという事故は老若男女問わず起きています。転倒事故を防ぐ為には手すりを設置すべきです。3、そもそも転倒事故が多い原因が床の素材です。水はけが悪い床材に足を取られて転倒するのです。

原因を未然に防ぐ為にもこだわりたいところです。せっかくユニットバスをリフォームするのですから今快適なものを選択するのではなく、将来介護が必要になった時でも利用しやすい仕様にしておいた方がよいでしょう。介護が必要になる状況を防ぐことにもなりますし、若い時でも使い勝手が良いのです。安心安全を手にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です