ユニットバスとは、天井、床、要素、壁を一体型として成形することで機密性を高めた浴室のことです。工場で製造されて、現場にて設置施行されます。基本的には長年使うことを想定されて作られています。そのため、リフォームをするということを気にする方は、少ないかもしれません。

それでも長年使って入れば、継ぎ目のシール剤の劣化や床材の経年磨耗によるすり減りなどで使い勝手が悪くなることがあります。最悪の場合は、水漏れなどの症状が発生するかもしれません。また、シャワーの水の出が悪いや温度調整がうまく機能しないなどの器具の不具合が発生することも考えられます。そんな時はユニットバスのリフォームを検討する時期です。

最近の床材は、掃除の手間が省ける機能が付いているものや断熱性の高いものなどがあります。また、シャワーなどの器具についても節水でも適度な水圧を感じることができるものもあります。浴室は快適さが重視される空間です。1日の疲れを癒すことができるのも、浴室の良し悪しに関わってきます。

浴槽も断熱性が向上していて、入れたお湯が冷めにくいためガス代の節約にもつながります。高齢者のいる家庭では、脱衣所と浴室の温度差によって体に悪影響を及ぼすおそれがあります。ユニットバスのリフォームによって浴室暖房などの機能を追加することもできます。リフォームにかかる費用は、資材の種類にもよりますが60万円から120万円は平均的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です