埼玉近郊でフロアコーティング採用を検討される場合には、予めコーティングに関する予備知識を持っておく事が重要です。フロアコーティングには、種類毎に発揮する効果や機能が大きく異なります。UVコーティングは、耐久性が最も優れており、20年以上効果が持続します。摩擦や熱に対して強く何度も塗り直す事が出来るメリットがあります。

瞬時にコーティング膜か固まる為、入居や補修が直ぐに出来ます。近年では、施工が増加しているコーティング技術です。ガラスコーティングは、UVと同等の耐久性を持ち20年前後、効果を持続します。完全に硬化するまで時間を要する為、施工後直ぐに入居は出来ませんが、非常に硬い皮膜を形成出来ます。

仕上がり面は、光沢が出て美しく部屋全体も明るくなる効果があります。ウレタンコーティングは、摩擦に対して最も強い性質があるコーティング技術です。床面の仕上がりは、艶が控え目で素材の良さを出す事が出来ます。耐用年数は、10年程度でガラスやUVと比較するとやや劣ります。

シリコンコーティングは、住宅のフローリングだけでなくキッチン等にも多く採用されている実績があります。安全性が高く硬さもあり、薬品にも強いです。耐久年数が5年から10年とやや短いですが、全般的に機能が優れているコーティング技術となります。埼玉県エリアでフロアコーティング採用をする際には、事前に知識を得ておく事が大切です。

埼玉エリアでは、フロアコーティングの採用件数が増加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です