埼玉での家の間取りを見てみると、どこの家でも畳の部屋より洋間が増えているのではないでしょうか。張替えの要らない洋間は、手軽で掃除がしやすく、畳のようにささくれ立つことがありません。けれども通常の床貼りではキズが付きやすく、ほこりが目立つことも気になります。キズが付きにくく掃除が簡単であればそれに越したことはありません。

そのような家庭が多いせいか、埼玉でもフロアコーティングの人気は徐々に高まっています。リフォームや新築直後のフロアは気持ちが良いほどにキレイでピカピカです。その状態をずっと保つことができれば、それに越したことはありませんが、年月とともにキズや汚れが気になるようになり、光沢も失せてきます。フロアコーティングをすることで、種類やタイプにより数年から20~30年と、きれいな床を保つことができるようになりました。

フローリングは、家具の移動や衝撃によってキズがつきやすく、コーティングをしていない床は水にも弱いものです。フロアコーティングを施工することにより、耐久性・耐水性・耐薬品性などの効果を発揮し、滑りにくく光沢を出すこともできます。定期的にメンテナンスを行っていれば、10年単位での維持も可能となりました。埼玉でも人気のフロアコーティングは、種類やタイプが様々で目的やライフスタイルによって、それに合ったタイプを選ぶことでさらに長持ちさせることができます。

いつもキレイな床は気持ちが良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です