生活するうえで毎日歩いていると、部屋のフローリングや廊下の床の塗装が剥げてきます。歩く以外にも何かを引きずったりしても剥げてしまい、傷ついて見えたり実際傷ついていたりして美観を損ねます。美観を損ねるだけならマシな方ですが、そこから腐敗したりカビが侵入したりして知らぬ間に家を蝕んでいることもあります。フロアコーティングとはそのようなことが起こらないように、床の表面を色々な溶剤を使って樹脂の被膜でコーティングする事を言います。

フロアコーティングの目的としては防腐や防微などの対象の保護目的や、平滑化や光沢付与などの美観目的、撥水や蛍光などの機能性付与などがあげられます。このように家の中の細かくて見えない部分の腐食などを防いで、家を長持ちさせることにもフロアコーティングは役に立ちます。このようなフロアコーティングですが、コーティングの方法にも種類があり値段と耐用年数や目的が違います。アクリル系と呼ばれるワックスのコーティングですが、安いけれど保護性能が弱く耐用年数も短く定期的な塗り直しがひるようになります。

その他にもウレタン、ガラス、シリコン、UVコーティングとありアクリル系とは性能が大幅に違い、UVコーティングに至っては一番高価ではありますが耐用年数が20年以上と一度塗ってしまえばそうとうな期間塗りなおすことをしなくても済みます。このように様々な種類があるフロアコーティングですが予算と目的に合ったコーティングを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です